梅雨に向けての対策

前々から気にはなっていたけれども後回しになっていましたキッチン外側軒下壁の劣化。

モルタルが風化しており、今にも剥がれ落ちそうな(というか既に剥がれ落ちおりますが。。)状態。以前には台風の影響で吹き込んだ雨が壁から水が入って来て、キッチンの天井に吹き込んできたことがありました。さすがにそろそろ梅雨も近づき、このままだと宿泊した方に迷惑をかけてしまうこともあり重い腰を上げて修復しました。

まずはかろうじて剥がれ落ちてなかった壁をすべて除去。ベースがモルタルなので、簡単に落ちるものの、何しろ粉塵がすごく壊している自身が埃まみれになるのは良いとしても近所に迷惑をかけるわけにもいかず、ブルーシートを回りに巡らしたりしながら粉塵が舞うのを防ぎました。

その後、色々と納まりを考えましたが、よほど吹き付けない限りは雨も当たらないことから下地にコンパネを貼った上で、その上に防水べニアを貼ることにしました。まずコンパネを電動のこぎりでカットして、タッピングビスで下地を見ながら打ち付け。今回は剥がれかけていた場所を中心に下地のみの施工を行い、仕上げ用のべニアについては、全体を貼ってから施工することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です